腰痛の症例 - 伊勢崎市 鍼灸院「きよ治療院」

HOME > 症例 > 腰痛の症例

1週間前にぎっくり腰になり、腰が痛く歩くのも大変だった症例|群馬県伊勢崎市 鍼灸整体 きよ治療院

2018年05月29日 [記事URL]

<症例報告>

60代男性 

1週間前に腰が何か重いような感じがしたが、物置の整理をして重いものを移動して腰をひねった時に軽い痛みが走った。

それ程強い痛みではなかったので、整理をしていたがだんだん痛みが増していった。

痛みが強くなって動くのが大変になってしまったが、半年前にもぎっくり腰になり、その時はそのままにしておいたら治ったので、様子を見ることにした。

今回は1週間たっても全く痛みが治まらず、仕事にも行けないので悩んでいたところ親戚より当院をすすめられて来院した。

<症状>

腰の痛みによりほとんど動けない。 急性腰痛 ぎっくり腰

<所見、治療>

当院来院時、痛みのため杖を2本使っての来院。

横になると楽で、座っていても立っていても腰が痛い。

痛む場所を確認するとピンポイントで左のある部分(仙腸関節痛特異ポイント)を指す。

その部分を押すと圧痛あり。

ニュートンテスト(±)
下肢症状はない。

痛みが激しいためその他の検査は省略し、仙腸関節痛の可能性が高いと判断し施術を行う。

施術後、痛みは軽減したが右の仙腸関節痛特異ポイントにも痛みが出現。

2診目

腰の痛みは軽くなったが、まだ2本の杖なしでは歩けない状態で、立ち上がりの時に仙腸関節の動揺を抑えると痛みが軽減するので、仙腸関節痛の施術を行う。

今回ははり治療だけでなく徒手でのアプローチも加える。施術後、杖なしでも歩行が可能になる。

3診目

施術までの待ち時間に治療院の周りを歩くまでに回復。2診目と同様の施術を行う。

日常生活がおくれるようになったとのことなので、治療はここで一旦終了。

<治療家の意見>

腰部に疲労が蓄積していたところに、作業を行った事による急性の仙腸関節痛。

歩行時に杖をつくことで仙腸関節にかかる上体の重さが軽減するので痛みがやわらいだと思われる。

仙腸関節痛の場合、少々時間のかかることがあるが、今回は施術が著効したケース。



朝目が覚めると、腰が痛く起き上がれなくなっていた症例|伊勢崎市 鍼灸整体 きよ治療院

2018年05月25日 [記事URL]

<症例報告>

40代 男性 伊勢崎市在住

15年くらい前より慢性的に腰痛を持っていた。今朝目覚めて起き上がろうとしたら、腰が痛くて起き上がれなくなっていた。昨日は特に変わったことはなく腰が痛くなる原因は思い当たらない。痛みが辛いので接骨院に行って治療を受けたが、痛みの状態が変わらないので痛みをどうにかした欲しくて来院。

<症状>

急に腰が痛くなり動けない。急性腰痛 ぎっくり腰

<所見、治療>

痛みのため前屈、側屈がほぼ出来ない状態。後屈、回旋は少し出来る。

下肢症状は無い。腰部筋肉の緊張は強い。

圧迫すると右に圧痛。左も痛いが常にある慢性腰痛の痛みとのこと。

下肢症状もなく、椎間関節痛の所見も無いので筋、筋膜性の急性腰痛で足太陽経筋の損傷と判断。足と腰のツボを用い標治法を施す。(標治法とは症状に対しての治療法のこと)

治療後、痛みはあるが大分楽になったとのこと。来院時は歩行も辛かったが、大分楽に歩けるようになった。

2、3診目

前回の施術後、楽になり日常生活には、ほぼ支障が無くなったとのこと。

まだ少し痛みがあるので痛みの残っているところに対して施術を行い、3診にてほぼ痛みがなくなったので終了。

<治療家の意見>

ぎっくり腰の場合、受傷当日は炎症が広がり痛みが取りにくい事が多い。

もちろん、施術を行うことにより炎症の広がりを軽減する事は可能。

今回のケースは朝目覚めたときにはある程度炎症が広がっていたものと思われる。

個人的な意見ですが、ぎっくり腰には、はり治療が一番効果があるように思ってます。



歩くと、腰・お尻からふくらはぎまで痛みとしびれが出る症状が改善した症例|伊勢崎市 鍼灸整体 きよ治療院

2018年02月20日 [記事URL]

<症例報告>

60代女性 伊勢崎市在住

3週間くらい前より腰が痛み、次第にお尻からふくらはぎまでしびれと痛みが出るようになった。

だんだん歩くのが辛くなり、整形外科を受診。

レントゲン検査で背骨の間が狭くなっているための坐骨神経痛との説明を受ける。

整形外科で治療を受けていたが、改善しないために来院。今回の痛みの原因で特に思い当たることはない。

<症状>

右のお尻からふくらはぎまでしびれと痛みがある。少し歩くと症状がひどくなる。

<所見、治療>

仙腸関節部分に圧痛は特になし。

外旋筋に張りが観察されたので、症状が出る前に何か運動やハイキングなどはしなかったか質問したところ、お城でかなり階段を昇ったとのこと。

梨状筋症候群を疑いKボンネットテストをしたところ陽性。

梨状筋の緊張により坐骨神経を圧迫したことによるしびれと痛みと判断。

1診目は梨状筋を含む外旋筋にアプローチしたところしびれや痛みが大幅に軽減。
2,3診にて症状は起こらなくなった。その後、再発の予防とメンテナンスのため定期的に通院。

<治療家の意見>

最近、旅行やハイキングなどのブームで普段あまり運動をしていない方が歩き過ぎなどで梨状筋症候群になるケースが時々見受けられる。

症状的に坐骨神経痛や脊椎管狭窄症などの診断を受けることが時々あり、腰部へのアプローチで改善せず来院される方が多い。

はり治療での梨状筋や原因筋肉へのアプローチは非常に有効です。
梨状筋症候群による坐骨神経痛でお悩みの方は一度きよ治療院のはり治療をお試しください。



★きよ治療院では腰下肢痛専門治療を行っています。

伊勢崎市内外から腰下肢痛に悩む患者さんが多く通う治療院が

きよ治療院です。

他の治療院で良くならないと諦めかけているそこのあなたは

きよ治療院で本物の腰下肢痛専門治療を受けて下さい!

きよ治療院が提供する腰痛専門治療は、

これまで多くの患者さんを救ってきたので、

きっとあなたのお役に立てると思います。

是非一度きよ治療院で本物の治療を受けてください!


Tel:0270-75-3443





伊勢崎市 急な腰の痛み ぎっくり腰

2016年11月03日 [記事URL]

今回はぎっくり腰を診ました。

今回のケースは、"朝起きようとしたら、急に腰が痛くなり動けなくなった。"というもの。
ぎっくり腰は思い物を持ち上げたりした時になるイメージがありますが、そんなことはありません。
何気ないちょっとした動作でもぎっくり腰になるんです。

一般に冷えや疲労の蓄積が原因のことが多いようです。

さてさて、今回はぎっくり腰の典型的な歩き方の「ゴリラ歩行」で来院されました。
あまりの腰の痛みで腰を伸ばすことができなくて、ゴリラのような歩き方になっています。
かなり痛そうなご様子。

腰が伸びないので、うつ伏せにはなれないので、横向きで施術をすることに。

痛みのために緊張している筋肉を緩め、痛みの軽減を図りました。

全ての痛みを取ることはできませんが、施術後かなり痛みが軽減したご様子。
腰も真っ直ぐに伸ばせて、随分楽になったとのこと。

よかったですね。

明日もお仕事に行かれるということだったのですが、
痛みは随分なくなったけれど完全に治った訳ではないので、
十分に気を付けてくださいね。

よし、これから頑張りましょう!

※私個人の見解ですので、効果を保証するものではありません。

伊勢崎市の鍼灸院 きよ治療院




  


ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ初回限定特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

電話: 0270-75-3443
メールでのお問合せ

「きよ治療院」へのお電話はこちら
【 電話番号 】0270-75-3443
【 営業時間 】 9:00-12:00 15:00-20:00
【 電話受付 】 9:00-12:00 15:00-19:00
【 定休日 】 水曜日・木曜日

PageTop

初めてのあなたへ
メニュー
症状
メディア掲載実績
対談
お問合せ

伊勢崎市 脳卒中
伊勢崎市 むちうち交通事故治療
伊勢崎市 不妊鍼灸
伊勢崎市 自律神経失調症
メニュー
新着記事
カテゴリー
会社概要

伊勢崎市 鍼灸 ハリ お灸
「きよ治療院」


【住所】
〒372-0812
群馬県伊勢崎市連取町3283-6


【電話番号】
0270-75-3443


【営業時間】
9:00-12:00
15:00-20:00


【電話受付】
9:00-12:00
15:00-19:00


【定休日】
水曜日・木曜日


【最寄駅】
伊勢崎駅・新伊勢崎駅
車で5分


【駐車場】
5台無料


【出張施術】
有 ※要相談